ストック画像の整理

建築パース制作の作業効率

建築パース制作に於いて作業効率は案外重要だ。いままで何が問題かと言うと一番は表面マッピングに使う画像探しの時間の長さだろう。もう建築パース精査k作を始めて15年にも成るのに今までその場限りでこの点を工夫してこなかった。
デスクトップからクリックで一覧画面が大きく下から出せる様に変えた。
これは画像の大きさも替えられて整理整頓がされて見易い。フォルダの中には結構の数が入れられそうだ。作業途中にこういう整頓された一覧ファイルが並ぶと作業ストレスが無く仕事がやり易い。画像の大きさも替えられるのが良い。
デスクトップから3クリックで目的の画像が探し出せる様考えた。多くの項目に分けておくと仕分けも面倒くさい、探すのに何クリックもしなければ成らないので結局大まかな項目にした方がクリックで全ての画像を選び出せる方法に変えたら作業効率は上がった。もっと早くからそうしておくべきであった。
現状まだまだストック画像の数には満足出来ないが、探し出せるスピードがかなり良くなったのでストレス無くマッピング作業が出来る。
今度の方法はサムネール画像も大きく見る事が出来るので間違いが無い。
デスクトップにいつもフォルダを置いてそこから3クリックで目的の画像を探し出せる様に変えた。余り多くの項目に分けておくと仕分け自体も面倒だし、目的の物が無い場合、結局クリック回数も増える事に成るので、大体の大まかなジャンル分けに変えた。この方が探すストレスも少ないだろう。
今までとは違いマッピングは形状作成したときに合わせて行っておくのが忘れないし、道理に適っていると思うのでそうする事にした。
形状作成を終えると全ての形状に画像が貼ってある状態にする事でチェックがし易いし、貼り忘れも少なく間違いが無い。後はポリゴンの分割数の剪定だが、曲面は形状作成したときにポイントを付ける事を忘れない様にしておかないと後で取り返しのつかない事に成る一旦細かく分割してしまった物を融合するのは大変な手間だ。

問題は複雑レンダリングの繰り返し回数

そして全て一括にポリゴンにするのではなく、細かく形状事に分けておかないとこれも目的のポリゴンを全て探すのにも時間がかかるので手間だが分けておかないと結局無駄な時間を取られてしまう。徹底して部分事に分けてポリゴンにしておくべきだろう。
次が表裏のチェックだが経験上外観の場合は全てが表側になっている。しかし内観の場合は壁などは外側に成っているので裏返さないと成らない。しかし、何かの変換など行うとどういう訳だか面が裏返ってしまうので、レンダリング前に全ての形状表面をチェックする。
この時以外に面の裏表は表示が邪魔だし、作業効率も悪いのでチェックは控えておいて最後のレンダリング直前に全てを一括で能率よくチェックする事にする。
これだけ完了すれば後はラジオレンダリングを待って仕上がりを待つだけだが、今までこの仕上がりチェックを何度も繰り返しているがこの回数を減らす事が作業時間を少なくするコツなんだろうが、現状はやはり何度もチェックを繰り返す。
今までの経験上余りデータが大きな物はソフトの仲んで不具合が起きる可能性が高い気がする.まあせい下いっぱいではなくなるべく簡単な形状にしてデータも大きさに配慮しないと結局大きな時間のロスの原因に成ると感じる。
不具合が生じてその問題解決はいままで大変長時間が掛かっているので最悪まずい部分だけでも作り直した方が結果的に早い。この辺りの判断も結局経験だろう。3Dソフトの操作は慣れであると感じる。
昨日ポリゴンの分割数を今までより細かくしたら時間は長くなるのだろうがクッキリとした画像に成った。これは発見であるがこれも程度問題だろう。
雑な部分が少ない完璧に近い見城作成が結局レンダリングの繰り返しが減り時間時間短縮になるのだろうと悟ったので今後は正確な形状作成に心掛ける事にした。
そして遠くの物は余り不必要に細かく分割しても絵に影響が無いのでこの点は考慮して遠近の違いで差を付けようと思う。
何かレンダリングチェックの繰り返し時間を省く良い方法が無いものだろうか。
複雑レンダリングでは、この部分の時間が実に長いので、チェックの繰り返し回数を減らす事と、細かな修正はレンダリングの繰り返しではなくPhotoshopで手での修正の方が早い。手でレタッチというこんな事も此れからは積極的に利用して行こうと思う。
レンダリングが終われば仕上げ作業はいつもの作業と全く同じであるから問題はない。更に植栽など好ましいストックの充実だけだろう。これもこれからはネットで探した方が効率が良い様に思う。あまり沢山収集しても切り抜き作業が大変だが・・。

プレゼン工房

 

 

 

「布もの」のシワ表現他

「布もの」のシワ

形状作成やシーン制作は特訓の効果もあって多少慣れて来ました。
段取りも少しは要領よくなり、作業の効率化と言う点でもいくらか良くなった感じがする。
マッピング画像の更なる充実やマッピング画像を手間をかけずに探し出す為に見易いストック画像の並べ方などまだまだ課題は多いが、少しは作業の効率化は出来た感じがするが、課題は「布もの」の形状作成である。
どんなにあれこれ試しても「形状作成」で「自然の布物の表現」は無理である事は悟ったので、先日他の方法で布表現を研究し一応この方法しか無いという答えは出した。
で今日改めてその方法で復習してみると、先日よりそれらしい布の立体表現は出来る。問題はマッピング画像の質であるわけだが、何パターンかをストックで作っておいて、いざと言う場面で素早くマッピング出来る要に使い易いストックフォルダーを作っておいた方が良いと感じた。

ストック画像の充実

デスクトップか或はその下位に「ストック」として並べておくのが最も作業がやり易い。長い間にごちゃごちゃしたストックファルダーの作り直しだ。
かなり以前に集めた画像で全く使わない物は整理して、数を厳選して探し出し易くし置く事も大切だと感じる。
また何ともと言えないモヤモヤとした汚れと言うか、乱れいうかテクスチャーの充実も必要に感じる。自然界では工業製品ばかりではなく薄汚れた味わいの外壁やらキズがあるテクスチャーは随所に有る。何処も新品ばかりでは無いだろう。今までそういったテクスチャーはあまり集めて来なかった。
またちょっとした植物、花等必要と成るケースも多い。それらも真剣には集めてこなかった。こういう画像は探せばけっこうあると思うがただ、その切り抜きが大変だろう。しかし集めておくだけでもやろうと思う。
マッピング画像の善し悪しでパースの仕上がりは大きく左右される。
如何にして効率よく作業が出来るかを考えて改善して行きたい.今まではあまりにも画像探しの作業に時間が掛かっている。
ネットでも多く見かける趣味の3Dパース制作ページと仕事をこなしているHPでは作業段取りで大きな違いが有るのだろう。

光源に関してもテクニック

昨日も手間取ったが、光具合でまだ充分マスター出来ていなかったり考え違いをしていた部分が有った。結論は出たが、失敗を忘れない様に頭に刻み込んでおかないと仕事の場面で大きな時間のロスに成る。
光のボケ具合の設定を誤って妙な結果に成ってその原因追求にかなりの時間を費やしてしまった。失敗は練習のときだけで解決しておきたい事である。
昨日単純レンダリングの画像とhy苦雑レンダリングの画像の同じ画像を作成して見比べてみた。
結果は一見同じようで後者はテナだけが何倍も掛かる.理由はレンダリングの繰り返しで時間がかかる事が大きいが.結果の画像は何処が異なるのだろうと見比べて斬ると、後者は光が届かない机の下などにもかすかに光が届いて戦車よりは明るい事だった。外観でもない感でも結果は同じだった。光が柔らかいと言った感じがする.僅かな差なんですがおそらく誰が見ても感想は同じだろう。
お客さんはどちらを選ぶだろうかと考えると、僅かな差だがやはり後者に軍配が上がるだろう。これが仕事を逃すかゲットするかの大きな違いと成る。で後者の複雑レンダリングを如何にして「レンダリングの繰り返し」を少なくして手早く仕上げるかが大きな課題となる。方法は「慣れ」しかないだろう。

基本表現設定に関して

水や、ガラス、ステンレス金属と言った基本的な設定でも今まで間違った数値でセッッ呈していた。またミスやガラスの屈折率に付いても今まで誤った設定数千々していた事がw買った。こういうことはほかからは教えてもらえない自分で実際研究して分かる事である。今更こんな基本が分かったのかと反省しきりである。まだ使いこなしていない機能は沢山ある。もったいない事にこれらがどう役立つかもまだ理解しては居ない。使っていないマッピングの機能は沢山ある。
マッピング設定でいろんな調子を混ぜると言う事も知ってはいたがあまりやってこなかったが、これからはモヤモヤ画像を設定も積極的に取り入れようと思う。
とにかく同じソフトを使えばレンダリング結果は同じになる所が哀しい。
事は才能ではなくキーパーンチャーと同じ「慣れ」である。数をこなして早くなれる事しか無い。

プレゼン工房

 

建築パース制作での検索順位を見てみた

「建築パース制作」で1ページ目に

「建築パース制作』での検索順位は常に見ているが、ここ暫くは順位を確認しなかった。で少し間が開いたが、最近見てみると少し順位が上がっている感じだ。まだはっきりは分からないがここ数日の検索順位を見ると以前よりは少し上がった気がする。検索ツールでは順位は10位内だが実際の検索ではまだ1ページ目に出ては居ない。
検索結果では多少順位はゆらいではいるが、検索ツールでは順位は揺らぐ事無く確かだ。数字では既に1ページ目に入って入るのだが、しかし「建築パース制作』で検索してみるとだ検索結果は1ページ目には無い。ぴったりとは成らない事は分かっているが他のPCでは1ページ目に入っているのだろうか?
もしタイトルが「建築パース制作作成」ではなく「建築パース制作」であったならもう少し上がるだろうが、あまりタイトルをいじるのは良くないらしいのでこのまましばらく様子見で居ようと思う。
しかし「建築パース制作」で検索結果1ページ目のHPを見ると、暫く前までは見慣れないHPが増えました。何れも新しく1ページ目に出て来たHPなんだろう。少し内容を見て見ると、今風のCGの感じでやはりそんなHPの感じがする。
一体検索順位を上げるにはどういう方法が有るのだろうか?グーグルページに書いてある内容を再度読んでみたが一応は当方もそれに沿って作成して、以前はかなり高い順位をキープしていたが、或るときから突然30位程にまで落ち込んで以来、果たしてどうすれば良いのかはっきり答えが分からないままだった。
巷間見かけるSEO業者にカネを払って順位を上げてもらうと言う方法であるが、果たしてこれは効果が有るのだろうか?また1ページ目のHP全てがそういう方法で順位を上げているのだろうか?高順位をキープする為には料金をエンドレスに支払わないと成らない訳で、私は多くがそんな方法で順位を買っているとは思えない。順位を上げる何か裏技が有るのだろうと以前から考えるが今に至ってその明快な答えは見つからない。
最近少しHPのページを増やしたがそれが幸いしたのだろうか?今後もページ数を増やして行こうと思う。ブログがいくらか好影響が有る事はネットで知ったが、或る方に依ると「SEO会社に依頼したHPには勝てない」という。やはりブログ程度では効果が無いのだろうか。

「建築パース制作」のHPを変えたのが・・?

ではどんな事で検索エンジンは評価を高くするのか、何か見落としていないか改めてグーグルのページを見直すが、まだ答えは見つからない。
以前は「建築パース」で高順位であったが、順位が下がってからは仕事先ターゲットを少し変えて「図面無しでもOK」と言う事で「設計前のたたき台作成」と言った事でHPに少しその様な内容に変えた。
すると、検索順位は更に下がった感じがするがこれには驚いた.やはりHP内容が変った事がエンジンにははっきり分かるのだろうか?「建築パース制作」の内容には変わりがないのだが仕事先ターゲットを少し変えただけなのだが・・。
で内容を変えた事が検索順位に良くない影響が有ったのだろうと感じたが、仕事内容を「図面無しでもOK」と言う方向で進めているので、順位が優先か内容が大切かと果たしてどうしたものかと思案していたが、最近僅かだがあともう少しで1ページ目に復帰かと言う所まで来た。原因はHP内容の充実か或は被リンクが増えたのかどうなのかまだよく分からない。
少し順位が上がったのだからその原因が分かれば更にその方向で力を入れるのだが、残念ながらその原因は分からない。
1ページ目の各HPを居ると、如何にも最近のCGを前面に出した絵柄で、絵的な味わいは感じないが、これが最近のニーズなのかと当方のHP内容にはこのままで良いのかといささか不安に成る。
自分のHPはもう時代遅れに成ってしまった感じもするが、しかし1ページ目のHPの中には、どう見ても職業として営業しては居ないだろうと感じる物が有るがこれが結構高順位に有る。当然業者に金を払い続けて順位をキープして居るとは思えない。このHPを見る事だけで確かに何か順位をキープする裏技が有りそうだが今もって分からない。
しかし、以前は高順位をキープしていたが今みると消えているページも有る。
下位を探しても見当たらないが「建築パース屋」を止めてしまったのだろうか?世間では昨今そういうパース屋が多いらしい。
もうひと頑張りして何とか「建築パース制作」で検索順位を確実に1ページ目に持って行きたいのだが、どんな方法が有るのか様々思い悩むこの頃である。

プレゼン工房